不動産売却でリフォームは不要?なぜリフォームが必要ないのか

2022-03-29

不動産売却でリフォームは不要?なぜリフォームが必要ないのか

不動産売却では、物件をより魅力的にみせることが売却の成功につながります。
そのため、築年数が古い物件の場合など、リフォームを検討される方もいらっしゃいます。
今回は、不動産売却をお考えの方に向けて、売却前にリフォームが必要なのか、不要なのかについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォームは不要?その理由は?

不動売却では、リフォームをしたほうが良いのか悩まれる方も多いでしょう。
築年数が古い場合や修繕が必要な箇所があるのであれば、リフォームをしたほうが、高く売れるのではないでしょうか。
リフォームをするメリットは、見た目の印象が良くなることや、引渡し後にすぐに引っ越しが可能になることです。
購入者側にとっても、家の購入のみのローンで済むので、手続きが簡単になるというメリットがあります。
しかし、結論から申し上げますと、基本的に売却前のリフォームは不要です。
その理由は、リフォームには数百万円以上の高額な費用がかかりますが、物件の売り出し価格に単純に上乗せできないためです。
数百万円の価格を上乗せして、物件が魅力的になったとしても、築年数などから価格とのバランスが取れていないと、購入候補に挙がりにくくなります。
中古物件を探している方は、ご自身の好みでリフォームすることを前提に安い物件を探していることが多いためです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォームが必要なのはどんなとき?

ご紹介したように、不動産売却前のリフォームは費用回収が困難なため、基本的には不要です。
しかし、リフォームしたほうが売却に効果的になるケースもあります。
まず、給湯器など生活に必要な設備が故障している場合は、リフォームが必要です。
外観が著しく老朽化している場合も、リフォームは効果的です。
とくに売却価格が1,000万円以下の物件の場合、少しのリフォームでも物件価格の上昇が期待できます。
費用を抑えてリフォームができる箇所は、フローリングや畳、壁紙の張り替えなどです。
安価なリフォームで物件の印象をガラリと変えることができるので、おすすめです。
リフォームをしない場合でも、目立つ汚れや傷はご自身で補修しておいたほうが良いです。
また購入希望者が重要視するキッチンやお風呂などの水回りは、リフォームではなくハウスクリーニングが効果的です。
水回りはこだわりがある方が多いので、趣味が合わない可能性のあるリフォームはリスクが高いです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却前のリフォームは、買い手のニーズに合致する可能性が低く、高額な費用をかけることは、得策とは言えません。
一方で安価なリフォームで高い効果が得られることもあるので、不動産売却では費用対効果の面から検討するのがおすすめです。
私たち「湘南リビング株式会社」は得意とする茅ヶ崎市・藤沢市(平塚市・寒川町・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市)エリアを中心に、不動産売却のサポートをおこなっています。
不動産売却をご検討中の方は、ホームページより24時間、不動産査定依頼を受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0467848401

営業時間
09:00~19:00
定休日
第1・3火曜日 水曜日

売却査定

お問い合わせ