不動産を遠方から売却する方法や流れ・注意点について解説

2022-01-18

不動産を遠方から売却する方法や流れ・注意点について解説

不動産を売却する際には色々な準備が必要で不安なこともたくさんあると思います。
遠方からの不動産売却であればなおさら気を使います。
今回は遠方からの不動産売却の方法や流れ、注意点について解説していきます。
遠方から茅ヶ崎市・藤沢市(平塚市・寒川町・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市)の不動産売却について考えている方、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

遠方から不動産売却をおこなう方法

遠方から不動産売却をおこなう方法は3つあります。
持ち回り契約
不動産会社が直接、契約書を持って売主と買主の元に出向くか、契約書を三者間で郵送しあってやりとりする方法です。
この方法は売主買主双方が持ち回り契約の意味を共有、理解し合意している場合に有効となります。
代理人を立てる
代理人を立て、代わりに契約を締結してもらう方法もあります。
この際は、代理権委任状が必要になります。
契約時のトラブルなど、代理で署名した方の行為に対する責任は、依頼した方が負うことになるので、依頼する方を慎重に選ぶ必要があります。
司法書士に依頼する
代理人を立てられない場合でも司法書士に委任状を託すことで手続きをしてもらうことが可能です。
委任状には代理人にする方、物件のそれぞれの詳細を記載した上で委任状の署名および実印による捺印をおこない、印鑑証明書を送付する必要があります。
配偶者などを代理人にした場合には移転登記の時に本人確認が必要になりますが、司法書士に依頼した場合には不要になります。
ただし、司法書士報酬を支払わなければなりません。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の流れで押さえておきたい3つのポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を遠方からおこなうときの流れと注意点について

遠方からの不動産売却の流れ

査定
まずは不動産の査定をおこないます。
この際、現地の情報に詳しい不動産会社に依頼することをおすすめします。
茅ヶ崎市・藤沢市(平塚市・寒川町・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市)エリアの不動産売却をお考えの方は弊社へご相談ください。
媒介契約
媒介契約には専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3つがあります。
この際に、遠方から売却をする方には専属専任媒介契約・専任媒介契約がおすすめです。
この2つは定期的に活動状況を報告することが義務付けられていて、遠方にいても動きを把握することが可能です。
媒介契約の手続きは、わざわざ現地に行かなくても郵送でおこなうことができます。
売却活動
契約を結ぶと不動産会社がインターネット広告や折り込み広告などで売却活動を開始します。
売買契約
買主が決定した後は、申し込みおよび手付金納付を経て、売買契約を結びます。
決済と引き渡し
買主と売買契約を結ぶと、決済・物件の引き渡しをおこないます。
決済の場に立ち会えない場合には重要書類を司法書士や不動産業者に預けることになります。
しかし、契約者本人がいないと万が一の事態には対応できないため、できるだけ決済の場面には立ち会った方がいいでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の流れで押さえておきたい3つのポイントを解説!

まとめ

今回は、遠方からの不動産売却について方法や流れを解説しました。
遠方から不動産を売却する際には、普通の取引よりも時間がかかりがちですので、余裕を持って売却を進めて行くことが大切です。
私たち「湘南リビング株式会社」は得意とする茅ヶ崎市・藤沢市(平塚市・寒川町・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市)エリアを中心に、不動産売却のサポートをおこなっています。
不動産売却をご検討中の方は、ホームページより24時間、不動産査定依頼を受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0467848401

営業時間
09:00~19:00
定休日
第1・3火曜日 水曜日

売却査定

お問い合わせ